うつ病を患ってしまった場合に活用できる制度|国からのサポート

女の人

自身の分析を実施

ナース

数年前までは世間で認知されていなかったうつ病も、現在では多くの人に理解される精神的な病となりました。うつ病はわかりづらい症状なので、理解がない人からすれば、気の緩みや精神的な甘えと一喝されることもあるでしょう。そのように誤った対処をしてしまうと、さらにうつ病の人を追い詰めてしまう結果になるので注意が必要です。自分だけでなく、家族や友人、会社の同僚など身近な人がうつ病を発症してしまうというリスクは十分に秘められています。そのような潜在的リスクを見逃さずに、正しい知識を以って適切な対処を行なっていくことが重要となってくるのです。そのような知識を身に着ける第1のステップとしてうつ病を発症しやすい人の性格や傾向というものをある程度把握しておくのも良いでしょう。

内気な人や暗い人がうつ病になりやすいと考える人もいますが、実際はメランコリー親和型と呼称されるタイプの人が発症しやすいというデータが出ているのです。メランコリー親和型と耳にするとあまり聞き慣れないですが、簡単に説明すると完璧主義や責任感がある、几帳面で真面目などが代表的な要素となっています。メランコリー親和型の大きな特徴は自分の事柄よりもルールなど縛りを最優先事項として考えて仕舞う傾向があることです。そのように自身でルールに縛られることによってストレス発散をする時間を確保することができなくなり、自分で自分のことを追い詰めてしまうのです。

上記の性格を見た上で自分が該当するかもしれないと考える人は、一度自身の性格を見つめなおして心に余裕があるか考えてみるのも良いでしょう。仕事に力を入れるのは良いことですが時には肩の力を抜いてリラックスすることも大切です。そのようにして自身に降りかかる負荷を少なくしていくことでうつ病の発症リスク軽減にも繋がるのです。うつ病に関する情報をまとめているwebページでは自己診断チェックなど簡単にできる性格診断ツールなどが数多く存在しています。このような外部ツールを活用して自分のことをよく知っておくのも良いでしょう。自己分析というのはうつ病だけでなく仕事や趣味の面においても役立つ情報なのでやっておいて損は無いのです。