うつ病を患ってしまった場合に活用できる制度|国からのサポート

女の人

発症につながる原因

人形

うつ病の大きな要因は仕事や人間関係、家庭環境などで発生するストレスだと考えている人も多いでしょう。確かにストレスはうつ病発症のトリガーとなる場合がありますが、それ以外にも原因となる要素は複数存在しているのです。意外と知られて居ないのが遺伝的要因なのです、兄弟や親子など血縁関係が近い親族にうつ病の患者がいる場合、通常の人よりもうつ病発症リスクは1.5倍から3倍近くになるというデータもあるのです。その他にも一卵性双生児で一方がうつ病なるともう一人の方も高確率でうつ病になってしまうというデータも観測されているのです。ですが、親族にうつ病の人から居るからといって杞憂になる必要はありません。あくまで発症するリスクが高くなるということなので、最終的に重要となってくるのは自分でアラート発してうつ病を予防できるかという点だからです。

上記の遺伝的な要因に加えてうつ病発症の原因に繋がると考えられているのが環境に変化によるストレスです。進学や就職、結婚や出産など人生において生活環境が変化するという場面は幾度なく発生します。人によってはそのような環境の変化に適応することができなくなり、結果としてうつ病を発症してしまう場合が存在しているのです。仕事などの負荷が高いストレス以外にも結婚や出産など嬉しいイベントでも人というのは無意識のうちにストレスを抱えてしまうことがあるのです。特に家庭を持つ、という事実は自身の責任が広がることでもあります。

そのような責任からくるストレスを1人で抱えこまずに、パートナーや家族に相談することも大切なのです。そうすれば自身が抱えている悩みや不安なども軽減されることでしょう。また、このようにしてうつ病になってしまう前に辛いことを口にすることで、周りの人からサポートを受けたりフォローを受けたりすることができるのです。また、精神的なストレス以外にも身体的な疲労が蓄積されてうつ病を発症してしまうケースは存在します。心が大丈夫だとしても精神が宿る体がその状態についていけなくなることも十分にありえるのです。体がだるかったり、思うように動かなったりする人は無理をするのではなく休養を取って医師の診察を受けてみるのも良いでしょう。