うつ病を患ってしまった場合に活用できる制度|国からのサポート

女の人

身体的症状をチェック

ドクターたち

国内では長時間労働や規定を超えた残業、仕事でのノルマや職場環境での重圧など仕事に関連する事項において精神的に大きなストレスを受けることがあります。趣味や自分の好きなことで上手くストレス発散ができる人であれば抱え込まずに済むのですが、仕事で忙しいとそのような時間を作ったり発散する元気もなくなってしまったりするパターンはよくあるのです。このようにして過度なストレスが発散されずに積み重なってしまうと最終的にうつ病という精神病を発症してしまうこともあるのです。うつ病は目に見える症状が現れるまでにタイムラグが存在する為、周りの人だけでなく本人すら気づかないという恐ろしい精神病でもあるのです。

現在、ストレスを感じることなく不自由無い生活を送っている人でも何らかの要因によってうつ病を発症してしまうというリスクは存在します。自分は関係無いと考えるのではなく、明日は我が身と危機感を少しでも持っておくこと大事なのです。そのような事態を想定してうつ病に関する見落としがちな身体症状を把握しておくのも良いでしょう。よくあるパターンがなかなか治まらない慢性的な頭痛です。頭痛というのは風邪などの病気、パソコン画面を見すぎる眼精疲労など様々な要因によって引き起こされます。その為、慢性的な頭痛だったとしてもうつ病に気づかないことがあるのです。全ての頭痛はうつ病とは限りませんが、慢性的な頭痛が長期間に渡って続く場合は精神的な病も危険視しておいた方がよいでしょう。

他にも見落としがちとなっている症状として挙げられるのは、めまいです。めまいは通常であれば耳に関する異常によって引き起こされます。しかし、うつ病が進行してくると平衡機能に障害が発生してめまいが発生するパターンがあるのです。別の病院に通っているのにめまいが改善されないという人は、うつ病を疑うことも重要なのです。また、上記の2点と合わせて要チェックしていきたいのが腸内環境の悪化です。うつ病を発症してしまうと神経伝達物質のセロトニンが分泌されにくくなります。このセロトニンが不足してくると便秘などを引き起こしてくるのです。上記のような身体的サインを見逃さないことがうつ病予防にも繋がるのです。